今野住建のこだわり

  便利なものに囲まれた昨今、直して使うという感覚が薄れてきたように感じます。
しかし、私達は良いものを永く、大事に使うことが一番だと考えます。
これは、近年叫ばれている環境問題に繋がっていくことで、近い将来当たり前になっていくことでしょう。

  家もその通りで、消費型から循環型へと見直されてきています。
近年の国産材は安価な外国産材におされて、利用されなくなり、森林は荒廃し始めています。美しい日本の風景は美しい里山があってこそです。
国産材を使って家を建てるということは、同じ風土環境の中で、家となり存在していくのですから、丈夫で長持ちするのはもちろんのこと、日本の里山の景色、きれいな水、空気を守り続けることに繋がっていくものだと信じています。

  私達は、昔から受け継がれてきた、理に適った日本の伝統の工法・技に、新しい技術やシステムを用いながら、後世につなげていく家をお客様と共に造り上げていきたいと考えております。

  構造材には県産材を使用し、地産地消でその土地で育だった、その土地の風土に適した材を使います。
和のやわらかさを活かしたぬくもり溢れる空間づくりを意識し、自然素材をふんだんに使用した深呼吸のできる家を提供します。

konno-ju-staff.jpg